日々のこと

燕三条 工場の祭典(5) その他

投稿日:

10/5~10/7まで「カトラリー検定」と「工場の祭典」の為に燕三条に行ってきました。
燕三条の街を回っていて発見のあったことなどを書きたいと思います。

使うカトラリーを選べるレストラン

カトラリー検定の会場の隣「道の駅 燕三条」のレストラン「メッセピア」では使うカトラリーが選べます。
選べるのは5種類で、どれも燕三条の一流メーカー。

自分だったら、ノーベル賞晩餐会で使われている「ノーベル」は一度使ってみたい。
出張出店により休業だったり、開いていても満席で、滞在している3日間では食事は叶いませんでした。

カトラリー磨き体験

道の駅 燕三条でやっていて「カトラリー磨き体験」。
300円で体験でき、磨いたカトラリーは持ち帰れると言ってました(それにしては安いですね)。
すごくやりたかったですが、工場見学のスケジュールと合わず泣く泣く断念しました。

居酒屋では磨き屋シンジケートのタンブラーでビールが飲める

燕市での夜ご飯は、新潟のおいしいものを味わう為に、チェーン店を避けて地元の居酒屋へ。
席に座ってドリンクメニューを見ると、ビールとハイボールはグラスが選べます。
普通のジョッキまたは磨き屋シンジケートのタンブラーで飲む事ができます。
飲み比べると磨き屋シンジケートのタンブラーは泡のクリーミーさが全然違いました。


磨き屋シンジケートのタンブラーのビールは泡が細やか、スーッと喉を通る清涼感が心地よいです。
ジョッキの場合、泡とビールが完全に分離していて、そういうもんだと慣れていましたが、磨き屋シンジケートのタンブラーで飲んだ時の泡とビールの一体感、清涼感は、もうずっとこれで飲みたいと思う程でした。
ステンレス製なので保冷効果も高く、時間がたっても冷たいまま。

磨き屋シンジケートとは、研磨技術のプロ集団。
初代iPodの鏡のように磨かれたステンレスの背面は磨き屋シンジケートによるものです。

日本酒も美味しかった(甘いのが好み)ですし、お米も美味しくて白ご飯を2杯食べました笑

燕青空即売会

今年は台風の為に中止になってしまいましたが、年に一度の大安売り「青空市」が開催され例年3万人が訪れるそうです。
それ程に激安(最大8割引き等)で、これが目的で燕三条に来る人が多いそうです。
次回は行ってみたいと思いました。
燕観光協会

また、工場の祭典期間中の10/6(日)はYahoo!ニュースにも出た「新潟で36度の真夏日」でした。
とても暑かったですが、良い天気の為が川辺の公園でバーベキューをしている人もいました。

自然豊かなで景色も良い場所でした。
ツーリングしている人もみかけました。

工場を見たり、買い物をしたり、自然や美味しいものを満喫したりと、いろんな楽しみ方ができる街でした。

-日々のこと

Copyright© カトラリーマニアの卵 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.