カトラリーの勉強

愛器を長持ちさせる!カトラリーの洗い方・お手入れ方法

投稿日:

「新しいカトラリーが届いた」、「大切なカトラリーを長く使いたい」。
そんな方の為にカトラリーのお手入れ方法を銀器とステンレスに分けて紹介します。

カトラリーは材質によってお手入れ方法が大きく変わってきます。
順番的に銀器から紹介するのが正当派のやり方(?)でしょうが、ここは一般に普及しているステンレスから。

ステンレス製カトラリーの洗い方・お手入れ方法


ステンレスは、ステン(錆)レス(ない)と言う名前が表すとおり、錆びない(=とても錆びにくい)材質なので洗い方・お手入れも簡単です。
使った後なるべく早く中性洗剤を使い柔らかいスポンジで洗って、水気を拭き取って保管。
基本はこれだけです。

食洗機の利用について

僕自身の見解では、カトラリー自体ひどく汚れる食器ではないので、食洗機を使わず手洗いで良いと思います。
汚れがひどいお皿等は食洗機に入れる前に下洗いしますよね?
その時にカトラリーは手洗いして完了、で良いと思います。
良くないのは、汚れが付いたままの状態が長く続くこと。
食洗機に入れてタイマーを使って後で洗われる、といった状況はなるべく避けましょう。

保管方法

なるべくはスプーン・フォーク・ナイフで別々のケースに入れて保管。
そして向きは揃えましょう。
これはインスタグラムで収納美人な方の写真がたくさんアップされていますので、参考にすると良いでしょう。

銀のカトラリーの洗い方・お手入れ方法


銀と洋白銀器(銀コーティング)のカトラリーの洗い方・お手入れはけっこう気を使います。
私自身、1本目の洋白銀器は変色させてしまいました。
洗い方はステンレスと同様に、なるべく早く柔らかいスポンジで洗って、水気を拭き取る。
食洗機は避けた方が良いです。

保管方法

銀器が変色する時、科学的に何が起こっているかと言うと「空気中の硫化物・食べ物の塩素と化合して変色」しています。
保管方法は空気になるべく触れない為に、布で巻く、更にその上からラップを巻く、といった保管が理想です。
ラップまでやるのは普段使いを考えた時に手間の問題がありますが、知識としては知っておいて頂ければと思います。
銀には抗菌性が高いというメリットがあり、変色によって汚れのサインを出しているとも言えます。
変色は錆ではありません。シルバークリーナー(1,000円程)で磨くと綺麗になります。
銀や洋白銀器のカトラリーを購入した際は、一緒にシルバークリーナーも買ってしまうのが良い方法です。
「お手入れの事はその時に」と後回しにしてしまったのが、私自身の失敗経験でもあります。

シルバー磨き(Amazon)
以上です。

みなさんが愛器を長く使えますように!

※「愛機」と「愛器」
「愛機」は「機器」に使われる言葉で、カメラとかパソコン等に使われます。
「愛器」は楽器や器具に使われます。だからカトラリーは愛器ですね。

▽初めてブランドカトラリーを購入する方にはステンレス製がオススメです。
初めてのブランドカトラリー選び

-カトラリーの勉強

Copyright© カトラリーマニアの卵 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.