カトラリーの選び方

カトラリー選びのアドバイスをしました。その2

更新日:

知り合いに「カトラリーについて話を聞きたい」という方をたまたま発見し、「ぜひぜひ!」とカトラリー診断に行ってきました。
今回で二人目のカトラリー診断です。

まずお話しを聞くと

今現在は100均や頂き物のブランドカトラリーを使っていると聞き、実物を見せてもらいました。
100均のカトラリーはつや消しの薄いタイプ。軽くて扱いやすかったですが、頼りない感じ。
ブランドのカトラリーはシビラのサンタナシリーズでした。こちらもつや消し。デザイナーシビラのカトラリーなのでオシャレでした。

カトラリーに触れてもらうと

今回持っていったカトラリーは全10種。
順番に持ってもらうと、次の5つに興味を持ったようでした。

※ここから先は個人の感想です。

1.クチポール
「すっごいオシャレ」と言っていたのが印象的。デザイン性で一番に目についたようです。

2.ヴェルーテ
「持ちやすくて軽い」と興味を持ったようです。"つば"による抜け感の良さを説明すると更に興味津々でした。

3.マリール
丸くて深いスプーンのお皿、そして見た目的にも「かわいい」とお気に入り。

4.カイボイスン
つや消しの素朴さに惹かれたようです。食器などシンプル系がお好きな方でしたのでマッチすると思ったのだと思います。

5.ミルトア
唯一のピンクゴールドを見て「これとってもキレイ」との反応でした。

5つの中から最後に残ったのは

更に何度も持ち、僕からのアドバイスも聞いてもらいながら徐々に絞られていきました。

※引き続き個人の感想です。

■クチポール
デザインにかなり惹かれていましたが、スプーンの皿が大きすぎることと、ナイフはかなり軽いので「切りにくそう」と心配されて、ここで脱落。

■カイボイスン
素朴さにも惹かれたものの、デザートスプーンは小さいと感じて、ディナースプーンは逆に大きいと感じて選ばれませんでした。

■ミルトア
ピンクゴールドをかなり気に入っていましたが、ヴェルーテよりちょっと重く感じられたようで、最後の3本まで残りましたがここまで。

という事で、最後に残ったのが次の2つ。

■マリール
シルエットが好みのようでした。持ち手h太くて丸い断面なので安定して持てる。ヴェルーテよりはちょっと重いと感じたようですが。

■ヴェルーテ
終始、持ちやすさに感動していました。細身で軽いのにバランスが良い。くびれがあって美しいデザイン。

という事でマリールとヴェルーテで最後まで迷っていたので、僕から提案をさせてもらいました。

1つ目。どちらかと言えば「使いやすい」と言っていたヴェルーテを選んではどうか?
2つ目。ヴェルーテとマリールの両方を選べばいい。ただし、今回はナイフは辞めてはどうか?
元々スプーン・フォーク・ナイフの3本セットから買いたいと話していましたが、どちらかを選ぶか、ナイフを辞めて両方のスプーン・フォークにしてはどうか?と。

しばらく迷ったようでしたが「ナイフは次の機会にします」と納得して2つ目の提案に決定しました。

今回学んだこと

今現在使っているカトラリーを見て、更にどんな使い方をしたいか聞けたのは良かった。違いをわかってもらう近道。
逆に「アドバイスするけど押し売りはしない」と心に決めていたとはいえ、相手からすればわからないので、納得しない場合に「買わない」という選択肢をもっと気軽に選べる(言える)雰囲気作りをしようと思いました。
自分の好きな事(しかも教える立場)だと、どうしてもたくさん喋ってしまいます。相手からすれば強引に感じられるかも、と思いました。

もっともっといろんな人のカトラリー診断をして勉強したいと思いました。

-カトラリーの選び方
-,

Copyright© カトラリーマニアの卵 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.