マイカトラリー紹介 メーカー訪問

カイボイスンのスプーンが届きました

更新日:

10月に燕市の「工場の祭典」でカイボイスンの大泉物産さんに行ってきました。
工場見学と、半切り(スプーンの型を抜く工程)の体験をしました。
半切りした後のスプーンは工場で仕上げられて、名入れされて届くという素敵な企画。

そのスプーンが本日届きました!

体験から届くまで1ヶ月半程、製造+名入れの工程を考えれば長いと思っていませんでしたが、途中経過のメール連絡を2度も頂きました。
この親切な対応は心に残りました。

カイボイスン デザートスプーン

つや消しでサラサラな肌触り。
重さも思ったよりあり、安定して使えます。
持っていて和む感覚を覚えました。
これで食べたいなと真っ先に思ったのはポタージュやビーフシチュー。


これが工場で半切り体験をした後の状態です。

1枚の板からここまでの仕上がり。

完成をじっくり見ると、お皿部分のエッジが広い事に気づきます。
ラッキーウッドのヴェルーテは別格(つばが付いてます)として、この広さは初めてです。
食べた後の抜け感がとても良いです。

つや消しはヘアライン加工。
持ち手のエッジも見た目には角があるように見えて、持ってみるとソフトな肌当たり。
手に収まりの良いカトラリーです。


ロゴ
見学した日付も入っています。
(表側に名入れもしてもらっています。)

バランスは頭(お皿)が少し大きくなっています(僕がこれまで見てきたカトラリーと比較して)。
自分は手が大きい方なので、もう少しハンドルが長いともっと持ちやすいかなと思いました。
とはいえ、一回り大きなディナーサイズではちょっと大きすぎると感じました。

サイズ

デザートスプーン 17.2cm
デザートフォーク 16.8cm
ディナースプーン:19.7cm
ディナーフォーク:19.2cm
ディナーナイフ(鋸刃):22.0cm

材質は18-10ステンレスです。

金属なのにどこか温もりの感じられれるカイボイスンのカトラリー。
フォークやナイフ等も集めたくなりました。


専用の袋に入っていて、この袋までおしゃれでした。

カイボイスン商品一覧

-マイカトラリー紹介, メーカー訪問
-

Copyright© カトラリーマニアの卵 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.